レインズから自動取得

まずはじめに

不動産テック企業のリマールエステートとQUAMTUMが、国内で初めて不動産テック市場を網羅的に分析した「不動産テック業界 カオスマップ」を2017年6月1日に発表しました。

不動産テックカオスマップ

 

今まで不動産業界を支えていた「物件情報・メディア」「業務支援」のサービス以外にも「マッチング」「価格可視化・査定」等のサービスが頭角を表し盛り上がりをみせています。地図上で物件の参考価格を一覧表示できる「HOME’Sプライスマップ」や、リアルタイムに部屋ごとの参考価格が閲覧できる「IESHIL」など、これまでの不動産系のWebサービスにはなかった14個のサービスが取り上げられています。「物件の正確な価格がわからない」「最適な売買のタイミングがわからない」という日本の不動産業界における課題を解決しようと取り組んでいます。

 

すでにご存知の方もいると思いますがそれらのビッグデータやAI等の技術を用いたスタートアップ系の不動産テック企業の多くがクローラースクレイピングを駆使し、物件や土地の情報を収集、監視して独自のサービスを展開しています。表向きはそのように公表はされていませんがこれが実情です。

 

筆者の私は多くの不動産テック系サービスのスタートアップに、クローラー開発メンバーとして参画してきました。本題である、レインズ(REINS)からの情報取得は情報を駆使した不動産テック系サービスにとって必要不可欠な工程です。
※レインズ(REINS)以外にも加盟店専用の物件を一覧できるサービスが数社ありますがこの記事では割愛させて頂きます。

なぜDIGがレインズ(REINS)をクローリング・スクレイピングすることができるの?

レインズはログインを行う際にランダムで生成された画像による文字の認証をしなくてはいけません。これまでクローラー開発者の多くがこの障壁を超えることができずにプロジェクトを断念しなくてはいけなくなった、という声をたくさん聞きました。

 

クローリングを専業とする業者ですらも舌を巻くような制御が施されていますが(実際に数社に問い合わせて見ましたがどの業者も技術的にNGの返答) しかしDIGでは独自に開発した画像の解析手法を用い、問題を解決しています。

自動化することでどんなメリットがあるの?

時間や人件費を費やし手作業で行っている物件の選定、価格の調査等の作業をすべて全自動で行うことで大幅なコストダウンが出来ます。限られた時間の中で今までより一層やりたいことに集中することが可能になります。
 
また必要な情報をアラート(メール、スマホへのpush通知等)することができますので瞬時に適切な情報を把握し、次のアクションを行うことも可能になります。

【注意点】物件詳細ページの観覧は有料です

不動産業者の方は認識されていると思いますが物件の詳細ページは課金制になっておりページにアクセスする度に料金が発生します。 全自動化して全ての物件情報を隈なく見た場合、観覧回数分、課金されますので高額な利用料が請求されることになります。自動化とはいえ、人間が行う操作をプログラムで動かしているだけなの観覧回数分カウントされます。
 
検索結果の物件一覧ページ、または物件概要のリンクにも多くの情報が掲載されていますのでその情報でやりたいことが実現できるのであれば全自動化は御社にとって非常に有益な手法です。

 

まとめ

不動産テックはまだまだ新しい市場だからこそ、スタートアップ企業やベンチャー企業などの事業者にとって今後も大きなビジネスチャンスです。

DIGは完全オーダーメイドでシステム開発を行っており、どの業者でも購入すれば誰でも同じサービスが使えるような製品は販売しておりません。現状の課題、問題点のヒヤリングからはじめ、御社独自のノウハウやロジックを理解し、DIGの全自動化の技術でサポートさせて頂きます。

 

詳細はページ下部のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

 

 

Webクローラー、スクレイピングに関してお困りではありませんか?

DIGは他者に断られるような高度なサイト構造&セキュリティ(SPA、IP分散、画像や文字認証の突破)に対しての対策を最も得意としています。

「このサイトはクローリング、自動操作が可能か」等のご相談から技術的なご質問までクローリング、自動化に関してはどんな内容でも構いません。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ
2018-02-17 18:43
下記フォームにご入力の上、送信ボタンを押してください ※【送信】をクリックすることで、弊社のプライバシーポリシーに同意、読んだものとします。...

 






おすすめの記事
サーバー上でiMacrosを動かしたい
ブラウザを自動操作したい
まずはじめに #001〜#006ではiMacrosの基本的な使い方やちょっとした応用技について説明しました。ある程度、iMacrosに慣れて...